時事刻々と変化する現代社会。そこで日々起きているニュースを30代のIT業界営業マンが独自の視点で斬り込みます。
THE NEWS-時代を斬る!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
三浦和義容疑者、サイパンで保釈認められず!
2008-02-25-Mon  CATEGORY: 海外
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080225-00000109-jij-soci

予想されたことだが、やっぱりという感じだった・・・

「なぜ保釈できない」「公正を求めたい」-。22日の逮捕から3日ぶり。25日午後(日本時間同)、法廷に姿を見せた元会社社長三浦和義容疑者(60)は強い口調で、思い掛けない身柄拘束を批判した。
 米自治領サイパン島南東部のススペ地区にある裁判所。三浦容疑者は裁判手続きが始まる数十分前、建物2階の法廷に入った。裁判官席の方に向かった席で背を丸めて座っている。鮮やかなオレンジ色のつなぎの背中には「DOC」の文字。収容施設の制服ということを示す。
 午後1時半(同午後0時半)に裁判が始まった。保釈の可否を決めるため、裁判官が身上に関する質問を繰り返す。「働いていますか」「ミー(Me)? ノー(No)」「奥さんの年収は」「サーティー・サウザンド・ダラー(3万ドル)」。通訳の男性が日本語で伝えるが、三浦容疑者は時折英語で返答した。
 「20何年前のケース(事件)で証拠隠滅の恐れはない。パスポートもなく、逃亡の恐れもないのになぜ保釈できないのか」。保釈を認められず、身ぶりを交えて反論した。
 国選弁護人を希望し、「私自身に収入はまったくない。奥さんの収入も家庭を維持するだけで精いっぱいだ」と主張。裁判の中で検事局の担当者と裁判官とのやりとりが通訳されないことを指摘し、「公正を求めたい。僕自身、裁判で何が進行しているのか分からない」と語気を強めた。

またもや、日本のメディアをにぎわす事になりそうな"ロス疑惑"しかし、なぜこのタイミングで!なぜこの時期に!どんな証拠を米の捜査当局はつかんだのか?謎だらけの"ロス疑惑"この三浦和義という人は、良くも悪くも話題がつきない人物であることに間違いない。早く真実が明らかになって、この"ロス疑惑"に終止符をうってもらいたい!個人的にはそんな思いでいっぱいだ。
スポンサーサイト
ページトップへ
ロス疑惑が再燃、三浦容疑者突然の逮捕状に困惑!
2008-02-25-Mon  CATEGORY: 海外
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080224-00000060-jij-soci

アメリカでは、殺人事件に時効はないようだ・・・

27年前の妻殺害容疑で米自治領サイパン島の空港で逮捕された三浦和義容疑者(60)。地元当局の警察官が24日、「三浦容疑者は逮捕状を持ってきていることに、とても驚いた様子だった」などと逮捕劇を語った。
 三浦容疑者は現地時間22日午後5時(日本時間同4時)ごろ、空港に姿を見せたところで警察官に身柄を拘束された。
 空港1階にある「交番」に勤務する地元警察官は、この時の三浦容疑者について「ほとんど何も話さなかったが、すごく困惑した表情だった」と振り返る。
 三浦容疑者は交番の裏手に連れられ、その場で逮捕状を執行された。同警察官は「ロス以外の場所で、警察官がやってきて、逮捕状を持っていることに驚いたようだった」と感じたという。

しかしこの一報を聞いた時、誰もがなぜ・・・と、疑問に思ったのではないだろうか?アメリカの法律はどうであれ、日本では最高裁で三浦和義氏の無罪が確定し、約20年が経過しているからである。今後の動向が注目されるこのロス疑惑であるが、アメリカの捜査当局が身柄確保に動いたということで、かなり有力な証拠を手に入れたと思われる。今後については、捜査当局の動きを注視したいと思う。
ページトップへ


余白 Copyright © 2005 THE NEWS-時代を斬る!. all rights reserved.
需要と供給
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。