時事刻々と変化する現代社会。そこで日々起きているニュースを30代のIT業界営業マンが独自の視点で斬り込みます。
THE NEWS-時代を斬る!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
年金記録処理の後始末に1500億円必要と社保庁試算
2007-12-20-Thu  CATEGORY: 政治
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071220-00000207-yom-pol

やぱっり、社保庁はバカだった!そしてこのバカにつける薬はない・・・

年金記録漏れ問題への対応策として、政府・与党が7月に発表した「コンピューター上の記録と台帳等の突き合わせ作業」について、社会保険庁が約1500億円の経費が必要と試算していることが20日、わかった。
 社保庁のずさんな記録管理の後始末に、膨大な費用が必要なことが判明した。社保庁はこの試算結果を、与党の厚生労働関係の国会議員に個別に説明している。
 政府・与党は、該当者不明の約5000万件の年金記録が発生した原因の一つに台帳からの転記ミスがあるとして、7月の合意文書に「被保険者名簿とコンピューターの記録とを突き合わせて確認する」ことを明記した。確認の期限は特に切っていない。

もう頼むから、この問題に関わったすべての職員よ!無給で働いて最後の一人にまで、最後の1円まで、正確に年金を給付する業務に従事せよ!そして社保庁は解体し、民間の保険会社が引き受ける、これがまともな考えだと思うが、いかがだろう。社保庁職員が犯したミスに、なぜ国民の大事な血税をつぎ込む必要があるのか?社保庁よ、わかるように、理屈にあうように説明してくれ~!
スポンサーサイト
ページトップへ


余白 Copyright © 2005 THE NEWS-時代を斬る!. all rights reserved.
需要と供給
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。