時事刻々と変化する現代社会。そこで日々起きているニュースを30代のIT業界営業マンが独自の視点で斬り込みます。
THE NEWS-時代を斬る!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
日本政府、めぐみさん拉致ドキュメンタリー映画の上映権を買い取る !
2007-12-26-Wed  CATEGORY: 政治
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071226-00000041-mai-soci

日本政府の異例の措置に、この問題への意欲を感じる・・

政府の拉致問題対策本部が、拉致被害者家族の苦難の歩みをテーマにした米国のドキュメンタリー映画「めぐみ-引き裂かれた家族の30年-」(90分)の上映権を5万米ドル(約575万円)で買い取っていたことが分かった。「拉致を人権問題として理解してもらおう」との目的で中学や高校にDVDで無料で貸し出している。民間が制作した映画の上映権を政府が買い取るのは異例だ。
 映画は、米国の監督が横田滋さん(75)、早紀江さん(71)夫妻ら被害者家族に密着し、家族が我が子や兄弟らを救出するための運動に奔走する姿を描いた作品で、06年に公開した。これまで、米国のスラムダンス映画祭観客賞などを受けている。
 政府はこれまでも拉致問題解決を訴える集会などで、1回600米ドル(約6万9000円)を米国の制作会社に支払って上映してきた。しかし、各地で上映を求める声があり、商業ベースで使わないことや政府が主催・共催することなどを条件に、上映権を買い取る契約を制作会社との間で10月に結んだ。
対策本部は「子供たちに拉致問題の悲惨さを知ってもらい、問題解決への機運を高めることにつなげていきたい」と話している。

日本国民にとって同胞が他国にさらわれているという現実の中、堂々と国際舞台の場に当事者である国が現れ、平気で米国のテロ指定国家の解除や金品や物資の援助を求めてくるなんて、どういう神経なのか?日本政府よ、現在拉致問題が停滞しているように見えるが、絶対、金融制裁解除はしてはならない。実はじわじわと追い詰めており、制裁は確実にきいているのだ。ここは絶対ひかずに、強気で押しつらぬいてくれよ!
スポンサーサイト
ページトップへ


余白 Copyright © 2005 THE NEWS-時代を斬る!. all rights reserved.
需要と供給
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。