時事刻々と変化する現代社会。そこで日々起きているニュースを30代のIT業界営業マンが独自の視点で斬り込みます。
THE NEWS-時代を斬る!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
社会保険庁、年金特別便の見直し策を発表!
2008-01-26-Sat  CATEGORY: 政治
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080125-00000975-san-pol

やっぱり、この役所は底抜けのバカだぁ・・・

舛添要一厚生労働相は25日、本人に確認を求める「ねんきん特別便」について、加入履歴の見方を詳しく説明する見本の書式や、窓口相談対応の基準といった具体的な見直し策を発表した。
 特別便に同封される見本はA4判の一枚紙。朱書きで「年金に結びつく可能性のある年金加入記録がみつかりました」と注意を喚起。加入履歴欄については、資格取得と喪失の年月日にずれがある場所を矢印で指摘し、「1年間の空白」といった具合に、記録漏れ個所の見つけ方を分かりやすく説明した。
 特別便に記載された加入履歴の前後期間の記録漏れについても「加入歴はございませんでしょうか?」と注意を呼びかけた。見本は2月6日発送分から同封し、発送済みの約108万人は再発送する。社会保険庁によると、再発送経費は約1億8000万円となる見込み。
 一方、特別便を受け取った人への窓口相談の対応では、厚生年金の場合、同姓同名や同じ生年月日の人がいないといった、本人特定に結びつく可能性が極めて高いケースについては、過去に勤めていた具体的な勤務先名までヒントとして示して確認を促す。
 これ以外のケースは、勤務先の所在地や業種などを伝え、記憶を呼び起こしてもらう。新対応は週明けから実施する。
 舛添氏は、見本について「国民の反応を見て、また修正しなければいけないのであれば、できるだけの努力はしたい」と述べ、今後再見直しがあり得るとの考えを示した。また、「特別便の返答がない人には、社保庁側から出向くことも考えている」とも述べた。

まぁ、舛添厚生労働大臣にこの責任を負わせたり、批判をするのは酷な話で、社会保険庁の対応というか、仕事への取り組む姿勢、態度がなっていないというしかない!ほんと国民感情からすれば、やる気のない奴らはさっさとクビにして、やる気のある人だけ残ってもらい、いい仕事をしてもらいたい・・そう思うのは当然ではないだろうか?この財源も我々の年金から捻出されていると思うと、本当に腹が立つ!民間企業ならとっくに倒産だぁ。とにかく一日も早く、まともな仕事をするようになってくれ!
ページトップへ
民主党造反議員大江氏、菅代表代行に反発!
2008-01-25-Fri  CATEGORY: 政治
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080125-00000089-jij-pol

このおっさん、何か勘違いしているようだ・・

民主党の大江康弘参院議員は25日午前、揮発油(ガソリン)税の暫定税率維持を含む租税特別措置法改正案について、国会内で記者団に「政府案に賛成する気持ちに変わりはない」と明言。造反を理由に離党を求められた場合は「出て行けと言われたら、許してくれというつもりはない」と語った。暫定税率維持に向けた総決起大会に出席した大江氏を菅直人代表代行が厳しく批判したことについては「今の段階で議席を返せと言う資格が(菅氏に)あるのか。謝罪要求をしたい」と反発した。
 これに関し、自民党の二階俊博総務会長は同日の記者会見で、菅氏が「(ともに和歌山県が地盤の)二階氏から選挙の応援をしてもらったから、お返しに(大会に出席しろと)言われたのか」と述べたことに対し、「いいかげんなことを会見で話すのは失礼だ。大江氏から選挙で要請など一度も受けたことがない」と反論した。

正直、国民感情からいうと、大江という民主党比例区選出の参議院議員は何を考えているんのか??理解に苦しむ。党の方針に背くだけでなく、代表代行という民主党の顔に泥をぬった格好だ!比例区選出(党のおかげで当選できた)という事を忘れているのか??
下記URLを見て頂くとわかるとおり、批判が集中している!

http://seiji.yahoo.co.jp/giin/minshu/000038/

とりあえず、党批判するのはいいが、議員辞職してから一人前のことを言ってもらいたいものだ!
ページトップへ
永作博美、助演女優賞4冠達成の快挙!!
2008-01-23-Wed  CATEGORY: エンターテイメント
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080122-00000016-oric-ent

地味にみえるこの人であるが、派手に賞を総なめ・・・

2007年度『第50回ブルーリボン賞』で助演女優賞にノミネートされていた女優の永作博美が、最優秀助演女優賞を授賞することが決まった。『報知映画賞』『キネマ旬報ベストテン』『ヨコハマ映画祭』に続き、四冠となる。ともに昨年夏に公開された『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』での演技が評価された結果となった。
現在永作は、主演映画『人のセックスを笑うな』が今月19日(土)に公開したばかり。この作品は海外で高い評価を受けた『犬猫』の井口奈己監督の2作目で、原作は山崎ナオコーラの第41回文藝賞受賞作の同名小説。共演には、松山ケンイチ、蒼井優らで、松山は昨年10月に行われた完成披露試写会で永作に関し、「年上の魅力とかではなく、永作さんは笑顔がすごく素敵。近い距離での芝居が多くて、近くになればなるほど笑顔が良くて、自分のものになった気がした。僕の宝物です」と照れる様子も見せずに語った。
 永作は、自身初の著書『やうやう』を17日(木)に刊行。日常的に思いを書き綴った96年から10年間の、その断片を集めた著書で、自分と向き合った永作の言葉たちと、本人撮影による写真も収められている。

永作博美といえば、とても現在37歳にはみえない童顔が最大の売りであるが、ああみえて実は芯はしっかりしてらしい。どちらかといえば、大人の女性というよりは、永遠の美少女という言葉の方がよくあてはる印象だ!俳優の松山ケンイチとの噂もあり、恋に仕事に今注目の女優である。今年のさらなる活躍に期待したいと思う。

ページトップへ


余白 Copyright © 2005 THE NEWS-時代を斬る!. all rights reserved.
需要と供給
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。