時事刻々と変化する現代社会。そこで日々起きているニュースを30代のIT業界営業マンが独自の視点で斬り込みます。
THE NEWS-時代を斬る!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
前防衛事務次官、守屋武昌被告が便宜供与を前面否認!
2008-05-19-Mon  CATEGORY: 国内
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080519-00000033-mai-soci

このおっさんは、どうも往生際が悪いようだ・・・

防衛装備品を巡る汚職事件で、収賄罪などに問われた前防衛事務次官、守屋武昌被告(63)に対する初の被告人質問が19日、東京地裁(植村稔裁判長)であり、前次官は「特定の企業に便宜供与をしたことはない」と述べた。先月の初公判で検察側は、8種類の防衛装備品納入で贈賄側の防衛専門商社「山田洋行」に便宜を図ったと指摘していたが、前次官はこれを全面的に否定した。
 次期輸送機(CX)エンジンなど八つの装備品について、弁護人が「(便宜供与がないのは)すべてに当てはまるのか」と問うと、前次官は「その通りです」と断言。さらに「(装備品調達については)国民にとって役立ち、自衛隊員にとって安全であるという2点に注意してきた」と持論を展開した。
 初公判で前次官は、山田洋行側からわいろを受領したことを認めている。起訴事実を大筋で認める一方で、防衛行政をゆがめたことはないと主張することで、今後の裁判を有利に運ぶ狙いがあるとみられる。
 起訴状によると、前次官は山田洋行の装備品受注を有利に取り計らう見返りに、同社元専務から03~07年、宿泊付きや日帰りのゴルフ接待を受けたり、家族名義の口座で現金を受け取った。

国民の血税を無駄遣いしたこのおっさんには、ちゃんと罪を償ってもらおう!そう思うのが国民感情だろう。しかし、防衛利権問題はこれでおわらせていいのか!久間や額賀のおっさにの疑いを暴いて裁くのも国民に対する仕事のひとつだろう。この国はこのままでは腐りきっている。この日本を立て直す政治家が誕生してほしい、そのためには一日も早く解散総選挙を実施すべきだろう!
スポンサーサイト
ページトップへ


余白 Copyright © 2005 THE NEWS-時代を斬る!. all rights reserved.
需要と供給
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。