時事刻々と変化する現代社会。そこで日々起きているニュースを30代のIT業界営業マンが独自の視点で斬り込みます。
THE NEWS-時代を斬る!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
厚生労働省が内定取り消し企業の社名を公表!
2009-03-31-Tue  CATEGORY: 国内
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090331-00000032-jij-pol

厚労省がついに重い腰をあげたようだ・・・



厚生労働省は31日、企業から採用内定を取り消された今春卒業予定者が1845人
(23日現在)と、前回調査(2月19日現在、1574人)から271人増えたと発表した。
また、内定を取り消した企業として、電子部品製造の小松ライト製作所(大阪府吹田市)、
システム開発のジー・イー・エヌ(北九州市)の2社を公表した。
社名公表は今年1月に導入された制度で、今回が第一弾。

取り消し件数は、全国のハローワークが確認したもの。
内訳は大学などが1501人、高校が344人。取り消した企業(支社レベルなどを含む)は
404社で62社増えた。

一方、企業名公表は
(1)事業活動の縮小を余儀なくされているとは明らかに認められない
(2)同一年度内に10人以上を取り消し

-など5項目のうち1つでも該当した場合が対象。
小松ライト製作所は21人、ジー社は20人の内定を取り消した。

今回公表されたのは、要件に該当することが確定した企業のみ。
3月末の状況については、来月追加公表する。



このニュースをみて、会社の経営者と、従業員では意見がわかれる
ところではあるが、内定の取り消しをしたにせよ、その手法が問われるのではないか!

例えば、内定取り消しをするかわりにその保障をキッチリと行う。
そうすれば、残念な事ではあるが就職内定者もまだ気持ちはおさまるだろう。

ひどい企業になると、自主的に辞退を促すという話もあるが、そんな例は言語道断だ!

いずれにせよ、内定を取り消す企業に、入社しなくてよかったのではないか!
いつ潰れるかもしれず、倫理的にもなっていないのだから・・・
スポンサーサイト
ページトップへ
世論調査 小沢代表辞任が6割、内閣支持率上昇!
2009-03-30-Mon  CATEGORY: 政治
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090330-00000522-san-pol

世論調査の結果は、対照的だった・・・



産経新聞社は28、29の両日、FNN(フジニュースネットワーク)と合同世論調査を実施した。
西松建設の違法献金事件で、公設秘書が起訴された民主党の小沢一郎代表が
「代表を辞任すべきだ」との回答は62・3%に上り、秘書が逮捕された直後に実施した
前回調査(7、8日)の47・4%を大きく上回った。小沢氏の説明については78・8%が
「説明に納得できない」と答えている。麻生内閣の支持率は、20・8%で前回調査から
3・8ポイント増え、不支持率は66・3%だった。

民主党が、小沢代表の続投を容認したことについては「理解できない」が52・1%で、
「理解できる」の42・6%を上回った。政党支持率は、自民党が0・9ポイント増の27・5%、
民主党は1・7ポイント減の22・2%で前回調査より差が広がった。

次期衆院選で比例代表の投票先は、民主党が36・4%、自民党が34・7%と拮抗(きつこう)。
違法献金事件後も民主党優位の選挙事情は基本的に変わっていないが、民主党と自民党の
差は縮まっている。

麻生太郎首相と小沢氏の比較では、「信頼できるのは」との質問に対し、麻生首相は
41・0%(前回比8・3ポイント増)で、小沢氏は28・5%(2・9ポイント減)。
また、どちらが首相にふさわしいか」では、小沢氏30・2%(0・4ポイント減)で、
麻生首相29・5%(6・3ポイント増)とほぼ並んだ。

麻生政権の評価では「首相の人柄」を評価するとの回答は32・4%(8・4ポイント増)、
「指導力」は11・8%(4・3ポイント増)とそれぞれ上昇に転じた。

衆院解散・総選挙の時期は、「今すぐ」が19・5%、「(平成21年度)補正予算成立後の
今年前半」46・6%、「9月の任期満了またがそれに近い今年後半」は31・2%だった。

北朝鮮が4月に「人工衛星の打ち上げ」と称してミサイルを発射する動きをみせていることについては、「不安を覚える」が83・2%、「発射に備え迎撃態勢を進めるべき」が81・0%。発射された場合、日本単独でも北朝鮮への制裁を強化すべきとの問いには「思う」が69・9%で「思わない」の22・9%を大きく上回った。



この結果を受けて、私は思う。

日本人は単純過ぎるのではないか!
確かに小沢氏がゼネコン、特に公共事業受注業者から献金をうけていたのは
好ましくない事だろう。しかし、30代後半の人なら、小沢氏が自民党の旧田中派の
流れを引き継いでいるのは、誰でもわかっている周知の事実ではないか。

今更なんだと言いたい。

それより、小泉改革で日本を変える兆しのあった自民党が、旧態依然の古い体質に
戻る、麻生内閣の方がよっぽど悪ではないか。

私は、別に民主党支持者ではないか、官僚政治で腐ったこの国を変えるには、やはり
政権交代しかない。だから頑張れ、OZAWA!

政権交代後、官僚を意のままに動かせるのはあんたしかいない。
毒はあるけど、実力もある。

私は期待している。
ページトップへ
PAC3部隊、浜松基地から迎撃体制に入るため、出動!
2009-03-29-Sun  CATEGORY: 国内
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090329-00000259-yom-soci

自衛隊が、ついに迎撃体制に向け準備に入った・・・・



北朝鮮が「人工衛星」名目で弾道ミサイルの発射準備を進めている問題で、東北地方に
配備される地上配備型のパトリオットミサイル3(PAC3)部隊が29日朝、航空自衛隊浜松基地
(浜松市)から出発した。

午前7時過ぎから、迎撃ミサイルの発射機やレーダー装置などを積んだ計56台の車両が
続々と浜松基地を出発。一部の車両はフェリーに乗り、海路で東北地方へ向かう。

同基地のPAC3部隊は、陸上自衛隊秋田、岩手両駐屯地と空自加茂分屯基地(秋田県)に
配備される。



日本は、戦後60数年、平和ボケしていて、他国からの攻撃・侵略に関しては
まったく無防備で、イザという時の危機管理がまったくできていないと心配
されていたが、政府のこの方針で、いよいよ日本の危機管理に対する真価が
問われる時が来たと言っても過言ではないだろう。

北朝鮮の人工衛星発射という声明は、北朝鮮が困り果て、行き詰った時に
行われる、いつものギリギリ外交ではないかと、世界は本気にしていないが、
ロケットが実際に発射されて、万一国内の領土に落ちた場合、わが国としては
他人事ではない。

あまり褒める事ができない麻生内閣ではあるが、この方針は支持してもいい
のではないか・・・

それはなぜか?
政府の最大の使命は、国民の生命と財産を守る事だからだぁ!



ページトップへ


余白 Copyright © 2005 THE NEWS-時代を斬る!. all rights reserved.
需要と供給
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。