時事刻々と変化する現代社会。そこで日々起きているニュースを30代のIT業界営業マンが独自の視点で斬り込みます。
THE NEWS-時代を斬る!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
平田財務副大臣が株の大量売却で辞任!
2009-03-26-Thu  CATEGORY: 政治
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090326-00000101-jij-pol

政治とカネの問題で、国民が政治不信に陥る中、またしても問題が・・・

平田耕一財務副大臣は26日、株売買の自粛を定めた「大臣規範」に抵触して大量の保有株を売却した問題の責任を取り、辞任する意向を首相官邸に伝え、麻生太郎首相はこれを認めた。

「政治とカネ」の問題が問われる中、財務副大臣の不祥事による辞任は、支持率低迷に悩む麻生政権にさらなる痛手となる。 平田氏は同日午後の参院財政金融委員会で、自身の進退について「(辞任は)考えていない」といったんは答弁した。しかし、民主党は、平田氏が辞任しなければ同委員会で27日に予定されている2009年度予算関連法案の採決に応じない方針を決定。これを受け、平田氏は自らが続投したままでは国会運営への影響は避けられないと判断したとみられる。
 平田氏は今月2日、石こう製品製造「チヨダウーテ」(三重県四日市市)の株式を市場外取引で、同氏のオーナー企業で取締役も務める石油製品販売会社「ゼロシステム」(同市)に総額6億1600万円で売却した。売却価格は市場で取引した場合の倍近かった。


民主党の小沢代表をはじめ、自民党の二階経済産業大臣や森元総理など、企業献金がらみで
連日報道されている様をみて、本当にこの国に信頼できる政治家はいるのかと疑いたくなる。

政治改革の名のもとに、政治資金規正法たるザル法をつくっておきながら、それすらも守れ
ないとは国民をバカにしているとしか思えない状況だ。

そのくせ、財政再建・社会保障を安定させるために消費税を上げるという論議は今やまともな
国民に対しては通用しないことだろう。

政治に今求められていることは、3つ!

①解散総選挙を実施し、速やかに国民に信を問う。
②官僚に血税の無駄遣いをやめさせ、天下りを廃止する。
(言うまでもなく、特殊法人に国民の血税をつぎ込むことを即刻やめさせる。)
③その上で、必要な財源を確保するためなら、税制改革を実施した上で、増税やむなし!

まぁ、当分期待できそうもないが・・・
スポンサーサイト
ページトップへ


余白 Copyright © 2005 THE NEWS-時代を斬る!. all rights reserved.
需要と供給
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。