時事刻々と変化する現代社会。そこで日々起きているニュースを30代のIT業界営業マンが独自の視点で斬り込みます。
THE NEWS-時代を斬る!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
厚生労働省が内定取り消し企業の社名を公表!
2009-03-31-Tue  CATEGORY: 国内
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090331-00000032-jij-pol

厚労省がついに重い腰をあげたようだ・・・



厚生労働省は31日、企業から採用内定を取り消された今春卒業予定者が1845人
(23日現在)と、前回調査(2月19日現在、1574人)から271人増えたと発表した。
また、内定を取り消した企業として、電子部品製造の小松ライト製作所(大阪府吹田市)、
システム開発のジー・イー・エヌ(北九州市)の2社を公表した。
社名公表は今年1月に導入された制度で、今回が第一弾。

取り消し件数は、全国のハローワークが確認したもの。
内訳は大学などが1501人、高校が344人。取り消した企業(支社レベルなどを含む)は
404社で62社増えた。

一方、企業名公表は
(1)事業活動の縮小を余儀なくされているとは明らかに認められない
(2)同一年度内に10人以上を取り消し

-など5項目のうち1つでも該当した場合が対象。
小松ライト製作所は21人、ジー社は20人の内定を取り消した。

今回公表されたのは、要件に該当することが確定した企業のみ。
3月末の状況については、来月追加公表する。



このニュースをみて、会社の経営者と、従業員では意見がわかれる
ところではあるが、内定の取り消しをしたにせよ、その手法が問われるのではないか!

例えば、内定取り消しをするかわりにその保障をキッチリと行う。
そうすれば、残念な事ではあるが就職内定者もまだ気持ちはおさまるだろう。

ひどい企業になると、自主的に辞退を促すという話もあるが、そんな例は言語道断だ!

いずれにせよ、内定を取り消す企業に、入社しなくてよかったのではないか!
いつ潰れるかもしれず、倫理的にもなっていないのだから・・・
スポンサーサイト
ページトップへ


余白 Copyright © 2005 THE NEWS-時代を斬る!. all rights reserved.
需要と供給
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。