時事刻々と変化する現代社会。そこで日々起きているニュースを30代のIT業界営業マンが独自の視点で斬り込みます。
THE NEWS-時代を斬る!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
千葉県の森田健作知事が違法献金480万円を返還!
2009-04-16-Thu  CATEGORY: 政治
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090416-00000577-yom-soci

お金を返したら、事は済むのか・・・



千葉県の森田健作知事は16日の記者会見で、自らが支部長を務める自民党東京都
衆議院選挙区第2支部が、2005、06年当時、政治資金規正法が禁じていた、
外国人や外国法人の持ち株比率50%超の企業から980万円の献金を受けていた
問題について、「刑事罰に触れるような行為ではないと確信しているが、道義的見地から、
50%を超える基準日以後の480万円は返還した」と述べた。

また、同支部長でありながら、知事選で法定ビラに「完全無所属」と記すなどし、
公職選挙法違反(虚偽事項の公表)にあたるとして市民団体から告発されたことに
ついては、「支部の解散手続きが遅れていただけで、私は完全無所属だと思っている」とした。




開き直りもいいところである。
千葉県民を欺いた、道義的責任はどうなるのか?

昨今、政治と金が問題になる中、
『森田健作、おまえもかぁ!』そう言いたい心境である。

クリーンなイメージで売ってきただけに、ダメージは避けられないだろう。

捜査当局の動きに注目したいところだ!
ページトップへ
内々定取り消しの判例が、今後企業を変えるか!
2009-04-14-Tue  CATEGORY: 経済
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090414-00000502-san-soci

今後、企業のあり方が問われそうだ・・・



採用内定式の直前に「内々定」を取り消したのは違法とする労働審判の決定が13日、
福岡地裁であった。申立人側によると、「内定」同様に「内々定」にも労働契約の成立を
認めた初めての判断という。

「内々定切りにまで救済の手が伸びる」と評価する声がある一方、萎縮(いしゅく)した
企業側には「採用活動がやりにくくなる」という戸惑いの声も出ている。
内定と内々定の線引きがあやふやなままでは、今回の判断が、両者にとって
「もろ刃の剣」になる恐れもある。

損害賠償を求めていたのは福岡市の元男子学生。市内の不動産会社から昨年7月に
内々定を得たが、10月2日の内定式2日前に、不況を背景にした急激な経営悪化を
理由に内々定を取り消された。本人はその後、就職活動を再開して別会社に入社した。

代理人の光永享央弁護士の話だと、審判では「取り消しが内定式直前だったうえに、
文書1枚での誠意のない通知だった」という会社側の対応を、落ち度として指摘。
解決金75万円の支払いを命じた。光永弁護士は「内々定でも労働契約が成立する
ことが指摘された。泣き寝入りしている多くの学生を勇気づける画期的な決定」と評価する。

一方、不動産会社は「迷惑はかけたが、何らの違法行為もしていない。
提訴して裁判の中で争うことを考えたい」(広報担当者)と、決定内容に反発する。

日本経団連と大学側の申し合わせによると、「内定」とは入社前年の10月1日に
出されるもので、それ以前の状態は「内々定」。

不動産会社は「内々定の状態では労働契約は成立していないはず。
だから10月になる前の段階で採用できないことを伝えた」(同)と戸惑う。

同様の思いは企業の人事担当者には少なからず共通するようだ。
中堅自動車部品業の人事担当者は「学生側だって3つも4つも内々定を持っている
ケースがあり、企業側が直前に振られて迷惑することもある。内定と内々定は、
労働契約上は異なるものであった方が、学生にとっても選ぶ企業の選択肢が増える
というメリットにつながるのでは」と話す。

学生向け就職誌「マイナビ」の栗田卓也編集長は、
「ここ数年は好況が続いてきたので内々定切りの実態がなく、その段階での契約を
どう考えるかは論じられてこなかった」と指摘。
その上で、「企業の言い分も分かるが、企業に比べ学生の立場は弱い。
彼らの人生を軽視した対応だけは取るべきでない」と話す。

厚生労働省によると今春卒業者で内定切りが確認された事業者は404社。
内々定については区別して定義をしていないという。
ただ、厚労省の大隈俊弥若年者雇用対策室長は「『内定式前』といっても、
労働契約が成立していないことの合理的理由にはならない。
事業主の一方的な都合による取り消しには、厳しい姿勢で指導していきたい」と話している。



この問題については、百年に一度の経済危機を背景に、企業倫理が問われているが、
私の見解としては、企業が内々定を取り消し、新卒予定者に保障をキッチリとすれば
いいのではないかと思う。

どうせ入社しても、危ない会社であればいずれ倒産の危機を向かえる。
その前に、会社がシグナルをおくっているので、その流れに身をまかせればいい。

それも、新卒者の社会勉強だと戒め、自分を磨く方法だろう。

ただし、保障ができない企業には当然であるが、厳罰を処すべき!!
ページトップへ
北野誠のブログが完全削除!
2009-04-13-Mon  CATEGORY: エンターテイメント
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090413-00000019-zdn_n-sci

北野誠に一体何が・・・



芸能活動を休止すると報じられているタレント・北野誠さんのブログ
「サイキックブラザーズ1号」が、4月13日までに削除されている。

ブログのURLにアクセスすると、「ブログが存在しません」と表示される。

北野さんのブログは、「オタクの電脳blog」内に設置。
オタクの電脳blogには、北野さんとともにラジオ番組のパーソナリティーを務めていた
作家の竹内義和さんなどが参加しており、竹内さんは11日に更新した記事で、
北野さんへの思いをつづっている。



本当に北野誠は引退へと追いやられるのか?

過去山本リンダに対し、不適切な発言があったとして、謝罪をしたという経緯が
ある北野誠であるが、今回も、政府与党に非常に密接な某宗教団体の圧力が
原因か?

いずれにしろ、北野誠はあの毒舌が売りであり、関西ではなくてはならない
キャラクターだぁ!

松竹芸能は一刻も早くファンに状況を説明する義務があると思う。

ページトップへ


余白 Copyright © 2005 THE NEWS-時代を斬る!. all rights reserved.
需要と供給
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。