時事刻々と変化する現代社会。そこで日々起きているニュースを30代のIT業界営業マンが独自の視点で斬り込みます。
THE NEWS-時代を斬る!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
M-1グランプリ、2007年の覇者はサンドウィッチマン!敗者復活から見事栄冠
2007-12-24-Mon  CATEGORY: エンターテイメント
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071223-00000005-oric-ent

彗星のごとく現れ、そして会場を魅了した漫才は素晴らしく見事だった・・

結成10年以内の漫才No.1決定戦『M-1グランプリ2007』が23日(日)に決勝を迎え、サンドウィッチマンが史上初の敗者復活からの優勝を決め、優勝賞金1000万円と“漫才日本一”の称号を手に入れた。
国籍、年齢、性別不問。7回目の今年は過去最高の4239組が参加し史上最大の笑いの祭典に。“常連組”の笑い飯、POISON GIRL BAND、千鳥、“初の決勝進出”となったダイアン、ハリセンボン、ザブングルの3組はファイナルで涙を呑んだ。最終決戦は6年ぶりの決勝進出で話題を呼んだキングコング、2年連続決勝進出のトータルテンボス、敗者復活組のサンドウィッチマンの3組で争われた。
サンドウィッチマンは2005年、2006年と2年連続でM-1準決勝に進出した実力派。オール巨人に「完璧に近い。なんで彼らが決勝のこの舞台に敗者復活でなしに(最初から)残ってないのかなって思う」と言わしめ、決勝1回戦を1位で通過、その勢いのまま審査員投票4票を集め優勝を決めた。優勝の瞬間、ボケ担当の富澤たけしが相方のツッコミ担当・伊達みきおに抱きつき、伊達は「夢見心地です」と声を震わせた。
また審査員には新顔として、大会委員長の島田紳助が自らお願いしたという上沼恵美子とオール巨人の大御所2名が参加。去就が注目されていた中田カウスが今年も名を連ね、去年審査員を務めた島田洋七は吉本興業退社の影響か今年は外れた。審査員はほかに松本人志、ラサール石井、大竹まことの7名。また同日正午より東京・大井競馬場で行われた敗者復活戦には、麒麟、オリエンタルラジオら57組が参加、観客5000人を動員した。

私の意見を言わせてもらえば、勢いだけのキングコングの漫才に対し、サンドウィッチマンは本来のしゃべくりで、爆笑をとるといった具合だろうか。トータルテンボスは予選よりも決勝のネタはややかげりがみえた分、審査員の心を今ひとつつかみきれなかった印象をうけた。個人的には予選で敗退したダイアンのネタはよかったと思うが、本来の力をだしきれなかったみたいだ。いずれにしても、敗者復活からのし上がったサンドウィッチマンに拍手を贈りたい。おめでとうございますと・・・
スポンサーサイト
ページトップへ


余白 Copyright © 2005 THE NEWS-時代を斬る!. all rights reserved.
需要と供給
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。