時事刻々と変化する現代社会。そこで日々起きているニュースを30代のIT業界営業マンが独自の視点で斬り込みます。
THE NEWS-時代を斬る!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
消費者金融大手プロミス、2009年3月期決算1270億円の大幅赤字!
2009-04-18-Sat  CATEGORY: 経済
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090417-00000610-reu-bus_all

かつての勢いはどこへいったのか・・・



プロミスは17日、2009年3月期の連結当期損益が従来予想の162億円の黒字から
1270億円の赤字に転落する見通しと発表した。

利息返還請求が高止まりしているため、請求に対する引当金残高を750億円積み増す
のが響く。 そのほか、貸付債権を保守的に精査したため、計画よりも貸し倒れ費用が
490億円、利息返還費用が452億円それぞれ増加する。

繰り延べ税金資産409億円を全額取り崩すことも下押し要因となる。

赤字決算を踏まえ、20円としていた期末配当を無配とするほか、株主優待制度も取りやめる。

フィッチレーティングスのアナリスト、エサン・サイエッド氏は「消費者金融業界の基本的な
問題は残ったまま。業界は縮小し、利ざやも縮んでいる。この状況が続くだろう」
とコメントしている。



一昔前は、消費者金融といえば儲かって仕方がない、笑いが止まらないという
業種の一つと思わていたが、グレーゾーン金利が法的に認められなくなった今、
その影響をもろに受けている状況ではないだろうか。

電車に乗れば、司法書士が出稿している過払い返還請求という広告をよく目にするが、
私からみれば、消費者金融も、司法書士も50歩100歩のように見える。

サラ金業界全体の今後の行くへを見て生きたいと思う。
スポンサーサイト
ページトップへ


余白 Copyright © 2005 THE NEWS-時代を斬る!. all rights reserved.
需要と供給
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。