時事刻々と変化する現代社会。そこで日々起きているニュースを30代のIT業界営業マンが独自の視点で斬り込みます。
THE NEWS-時代を斬る!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
麻生首相の上機嫌に側近はヒヤヒヤ!
2009-04-19-Sun  CATEGORY: 政治
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090418-00000758-yom-pol

この男は単純なようだ・・・



麻生首相が意気軒高だ。

小沢民主党代表の資金管理団体を巡る政治資金規正法違反事件の影響で、
自民党内に吹き荒れた「麻生降ろし」がほぼ収束したことや、内閣支持率の
回復に気を良くしているようだ。首相に近い議員からは「いい気になり過ぎて、
失言が心配だ」と懸念する声も出ている。

18日の「桜を見る会」で、首相は多くの招待客と握手を交わしたり、記念撮影に応じたりした。
招待客から「総理、人気があるぞ。自信持ってやれ」「頼みますよ」と声をかけられると、
首相は「ガハハ」と何度も大声で笑った。

◆解散権掌握に自信◆

首相の最近の機嫌の良さは、衆院解散・総選挙を決めるフリーハンドを握ったとの思いが
強いためと見られる。

17日は、首相官邸で記者団に、公明党の太田代表との極秘会談を踏まえ、解散時期を
7月の都議選後にする考えがあるかと聞かれると、「いろんな意見があるのを知らないわけ
ではない。そういった意見を全部勘案したうえで決めさせていただく。特別にここに偏って
決めるとかということはない」と強調した。首相周辺からも「解散時期はいくつもオプションがある」
と自信に満ちあふれた声が出始めている。3月初めの小沢氏の秘書逮捕以前、支持率が
下げ止まらなかったころには考えられなかったことだ。

就任当初批判を浴び、自重気味だった「バー通い」も完全復活した。

4月に入り、首相が外食したのは計7日で、このうち4日はホテルのバーなどへ
「はしご」をした。特に先週は与党幹部らと精力的に会合を重ね、平日は一度も、
直接首相公邸に帰らなかった。

首相は、支持率回復にも、表向き「一喜一憂しない」と述べているが、
危険な兆しも出始めている。

◆「駄目だねえ」記者団からかう余裕◆

17日の記者団とのやりとりで、日本プロ野球記録を更新する安打を放った
イチロー選手の感想を聞かれると、水島新司さんの野球漫画の主人公「あぶさん」の
話を持ち出し、「あぶさんの年齢知ってるか」などと逆質問を連発。記者団が答えを
間違うと、「何だ、駄目だねえ。全然アウト」と記者団をからかった。

首相は1月、2009年度税制改正関連法案の作業で消費税率の引き上げにこだわり、
自民党内を混乱させた。党執行部がそれを収め、ようやく政権運営が安定しそうになった時、
今度は郵政民営化見直しに言及し、厳しい批判を浴びた。いずれも、発言が二転三転し、
それが信用失墜につながっただけに、浮かれすぎを懸念する声は多い。

首相の在職日数は、今国会会期末(6月3日)直後の6月14日に細川元首相(263日)を
超える。首相周辺は7月初めのイタリアでの主要国首脳会議(サミット)出席にも自信を
見せるが、一方で首相の脱線兆候にやきもきする日も続きそうだ。


本当にこのおっさんは単純だ!

民主党の小沢代表による敵失でやや支持率が回復したものの、麻生政権の実績に
よるものではないという事に、まったく気づいていない脇の甘い坊ちゃんだぁ。

自民党の元幹部や若手などから、解散するなら今だという声が多くなっているようだが、
このおっさんは、サミットには参加したいらしく、その後東京都議選で公明党に配慮しな
ければならない事から、衆議院の任期満了まで解散はないのではないかという見方が
大方だ。

しかし、このおっさんの笑顔はいつまで続くのか?

西松事件で二階大臣サイドに捜査が及ぶとこの流れは一気にわからなくなる。
いずれにしろ国民は、早く解散して信を問うてほしいと切望している。
スポンサーサイト
ページトップへ


余白 Copyright © 2005 THE NEWS-時代を斬る!. all rights reserved.
需要と供給
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。