時事刻々と変化する現代社会。そこで日々起きているニュースを30代のIT業界営業マンが独自の視点で斬り込みます。
THE NEWS-時代を斬る!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
お酒に弱い人が飲酒・喫煙をすると食道がんのリスクが190倍に!
2009-05-14-Thu  CATEGORY: 国内
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090514-00000612-yom-sci
 

お酒が弱い人にとっては、とんでもない研究結果が・・・



顔がすぐに赤くなるお酒に弱い体質の人が飲酒と喫煙をすると、食道がんになるリスクが、
飲酒も喫煙もしない人に比べ、最大190倍も高くなることが、東京大学の中村祐輔教授と
松田浩一助教の研究でわかった。

同じ体質の人でも、飲酒・喫煙をしないと、リスクは7倍程度に下がった。
体質を理解して生活習慣に気を配ることで、予防したり、早期発見したりできると期待される。

研究チームは、食道がんの患者1070人と健常者2832人で、約55万か所の遺伝情報の
違いを比較。発がん性が指摘されているアセトアルデヒドをアルコールから作る酵素と、
アセトアルデヒドを分解する酵素の二つが、食道がんのリスクに関連していることを突き止めた。

アセトアルデヒドはお酒で気分が悪くなる原因物質で、たばこの煙にも含まれる。
顔が赤くなるのは、アセトアルデヒドの分解能力が弱いためで、日本人の4割がこのタイプ。
アセトアルデヒドを作る働きが弱いと、気分が悪くなる前に、ついつい余分に飲んで
アセトアルデヒドが増える。

飲酒・喫煙の影響についても調べたところ、お酒に弱く二つの酵素の働きが弱い人が、
1日缶ビール1本以上の飲酒と喫煙をすると、相乗効果が働き、お酒に強く飲酒・喫煙を
しない人に比べ、食道がんのリスクが190倍も高くなっていた。



このニュースを聞いた、お酒に弱い人はドキッとしたのでは・・・

私は個人的にお酒が好きだし、人並みにお酒を飲むので、
自分では該当しないと思っているが、私の身近に思い当たる人がいる。

あなたの周りにはどうだろうか?

いずれにしろ、自分の人生には限りがあるので、少しでも長生きが
できるように健康管理には十分注意して、仕事に、プライベートに
また世のため人のために貢献できるよう一生懸命がんばりたいものだ。
スポンサーサイト
ページトップへ


余白 Copyright © 2005 THE NEWS-時代を斬る!. all rights reserved.
需要と供給
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。