時事刻々と変化する現代社会。そこで日々起きているニュースを30代のIT業界営業マンが独自の視点で斬り込みます。
THE NEWS-時代を斬る!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
今だから明かす、倖田來未苦悩を告白!
2009-06-15-Mon  CATEGORY: エンターテイメント
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090615-00000011-maiall-ent



人気者、スターであるがゆえの悩みかぁ・・・





歌手・倖田來未さんのライブツアー「Koda Kumi Live Tour 2009-TRICK」が
14日、マリンメッセ福岡(福岡市)でファイナルを迎えた。倖田さんは、今年12月で
デビュー10年目を迎えることに触れ、「(アーティストの)倖田來未としてもうすぐ10歳。
お客さんが3、4人のことや、いないこともあったけど、こんなにたくさんの人の前でライブが
できるようになった。あきらめないでよかった」と振り返った。

ステージでは、ファンサイトで募集したリクエスト曲や、7月に発売するシングルに
収録した「走れ!」「ECSTASY」など22曲を披露。「初めて来た人にも楽しんでもらえる
ように」と1カ月前から入念にリハーサルをした数々の趣向や、「衣装も2倍」という“九変化”
で8500人の観客から大歓声を浴びた。

ステージの途中、08年に問題になったラジオでの発言に触れ、「自分の発言からみんなを
傷つけることもあった。辞めた方がいいのか、みんなを信じて歩いていっていいのか(迷った)、
そういう時期もあった」と心情を告白。最後は「みんなの人生に入り込んで行けるような曲を
もっともっと書いていきたい」と前向きに語り、涙を流してラストナンバーを歌い上げた。

ツアーは4月11日の広島を皮切りに、全国10カ所、20ステージで約18万人を動員。
新型インフルエンザの影響で延期された5月の神戸公演は、7月1、2日に神戸ワールド
記念ホール(神戸市)に振り替えとなった。14日のライブの模様は、WOWOWで8月15日
午後8時から放送される。



このニュースを聞いて、倖田來未も人間なんだなぁ~と関心した。
それは当然なのだが、誰でもそう。人間山あり、谷あり!

島田紳助も、暴行事件から謹慎期間の間、何度も引退を考えたようだ。

しかし、がんばって仕事をやり続けていればきっといい事がある。
そう教えてもらった、倖田來未のちょっといいお話である。
スポンサーサイト
ページトップへ


余白 Copyright © 2005 THE NEWS-時代を斬る!. all rights reserved.
需要と供給
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。