時事刻々と変化する現代社会。そこで日々起きているニュースを30代のIT業界営業マンが独自の視点で斬り込みます。
THE NEWS-時代を斬る!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
大学生就職内定62%、氷河期超す就職難か!
2009-11-19-Thu  CATEGORY: 国内
実体経済はやはり、相当悪いようだ・・・






厚生労働省と文部科学省は19日、来春卒業予定の大学生の就職内定率(10月1日現在)が
62・5%で、前年同期を7・4ポイント下回ったと発表した。

下げ幅は1996年の調査開始以来最大で、就職氷河期の98年(6・1ポイント減)を超えた。
内定率は過去3番目の低さだった。

内定率は男子63・3%(前年同期比6・5ポイント減)、女子61・6%(同8・5ポイント減)。地区別では、関東が62・9%(同10・5ポイント減)、中部61・4%(同6・8ポイント減)と下げ幅が目立った。

昨年秋、リーマンショックなどの影響で日本経済は急速に不況に突入。1年たっても雇用情勢に回復の兆しがみられないことがわかった。政府は「第2の氷河期」を防ぐためとして、緊急雇用対策本部で対策を急いでいる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091119-00000423-yom-soci



私が思うに、麻生政権の経済対策が悪すぎたと思う。

いくら改革を掲げる、民主党政権でもこれだけ落ち込むとは予測も
できなかっただろうし、今から即効性のある対策をすぐにうてるのかと
言っても、現実問題むずかしいだろう。

老害の多い自民党議員は全員引退をし、新しい世代で民主党と肩を並べる
二大政党をつくってほしいと切に願う・・。
スポンサーサイト
ページトップへ


余白 Copyright © 2005 THE NEWS-時代を斬る!. all rights reserved.
需要と供給
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。