時事刻々と変化する現代社会。そこで日々起きているニュースを30代のIT業界営業マンが独自の視点で斬り込みます。
THE NEWS-時代を斬る!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
東京株式市場、一時1万200円台を回復!
2009-12-07-Mon  CATEGORY: 経済

この株価の回復は何を意味するのか?・・






週明け7日午前の東京株式市場は、円安や先週末の米株高の流れを受け、日経平均株価は続伸した。一時1万200円台を回復し、10月28日以来の高値水準となった。

 日経平均の午前の終値は前週末比140円55銭高の1万163円14銭、東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は同10・84ポイント高の900・42だった。

 前週末の米国市場は、11月の雇用統計が市場予測を上回ったことなどから、ダウ工業株30種平均は前日比22ドル高の1万388ドルと反発。

 東京市場は、外国為替相場が1ドル=90円台前半で推移するなど、円安に振れたことから、輸出関連企業の業績に安心感が広がり、買い戻しの動きが強まった。自動車、電機、機械、海運など幅広い銘柄が買われ、ほぼ全面高の展開となった。

 大手証券関係者は「市場はエネルギーを回復しつつあるが、政府のデフレ対策に見えにくい部分があり、懸念材料となっている」と話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091207-00000514-san-bus_all



結局、午前の終値は1万163円14銭となったようだが、日本の実態経済は
最悪といっても過言ではないだろう。

まぁ、一言で言えば外国人投資家の収支によって、日本の株式市場も乱高下するという
自国の力では、経済をコントロールできない、情けない状況ではあるが、年末に向けて、
日本は予断を許さない状況になりつつあるようだ。

スポンサーサイト
ページトップへ


余白 Copyright © 2005 THE NEWS-時代を斬る!. all rights reserved.
需要と供給
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。