時事刻々と変化する現代社会。そこで日々起きているニュースを30代のIT業界営業マンが独自の視点で斬り込みます。
THE NEWS-時代を斬る!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
大阪府が府債(2930億円)を先送り
2007-12-31-Mon  CATEGORY: 政治
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071230-00000070-mai-soci

この都市は今後、一体どうなるのか・・・

大阪府が2004年度以降、満期を迎えた府債(借金)の返済の8割以上を借り換えで先送りし、06年度までの3年間に計2930億円の金を捻出(ねんしゅつ)していたことがわかった。
 先送りしなければ、多額の赤字を穴埋めできず、今年度にも財政再建団体に転落した可能性が高いという。国の通知に反している上、府はこの「延命策」を公表していなかった。
 地方債に関しては、国が92年の通知で、発行から10年の満期時に少なくとも元金の42%を返済するよう指導。残る58%について、借り換えによる返済の実質先送りを認めている。 府は、財源不足が深刻化した01年度から、府債返済のために積み立ててきた「減債基金」を取り崩しながら、一般会計の赤字額を減らしてきた。

こんな状況をまったく公表していなかった現職知事の太田房江は、この事態をどう考えているのか?そして任期がきれる来年1月までにどう責任をとるのか?無駄な公共事業や、開発をすすめ、やったらやりっぱなし・・・最低限、退職金の辞退を申し出るのは当然だと思う。
スポンサーサイト
ページトップへ


余白 Copyright © 2005 THE NEWS-時代を斬る!. all rights reserved.
需要と供給
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。