時事刻々と変化する現代社会。そこで日々起きているニュースを30代のIT業界営業マンが独自の視点で斬り込みます。
THE NEWS-時代を斬る!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
2007年の企業倒産件数は今世紀最多!
2008-01-18-Fri  CATEGORY: 経済
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080117-00000011-yom-bus_all

景気の本格的な回復は、まだまだ遠いようだ・・

民間調査会社の帝国データバンクが17日発表した全国企業倒産集計(負債額1000万円以上)によると、2007年の倒産件数は前年比17・2%増の1万959件で、数値が比較可能な01年以降の7年間で最多となった。
 原油や食材など原材料価格の高騰や建築基準法改正の影響による経営不振が目立ち、中小・零細企業の倒産が6割を占めた。負債総額は同4・2%増の5兆4917億円だった。
 負債額が最大だったのは旧住宅金融専門会社(住専)の大口融資先として知られた不動産会社、麻布建物の5648億円。英会話学校大手NOVA(負債額855億円)や消費者金融クレディア(同757億円)などが上位に入った。

いざなぎ景気を超える好景気という報道が、メディアから流れることがしばしばあるが、そういう情報を流す立場の人間は果たして信憑性を感じているのだろうか?やはり実態経済は大手の上場企業クラスが極端に業績がよく、収益面でも伸びているだけで、中小企業は逆に底が見えない不景気に打つ手がないようだ!政府はこの事実を真剣にうけとめて、国の政策をすすめていただきたいものだ。
スポンサーサイト
ページトップへ


余白 Copyright © 2005 THE NEWS-時代を斬る!. all rights reserved.
需要と供給
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。