時事刻々と変化する現代社会。そこで日々起きているニュースを30代のIT業界営業マンが独自の視点で斬り込みます。
THE NEWS-時代を斬る!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
TOKIO山口達也の結婚にヒガシが心から祝福!
2008-03-10-Mon  CATEGORY: エンターテイメント
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080309-00000162-sph-ent

ジャニーズのリーダーが、メンバーに祝福の言葉をかけたようだ・・・

少年隊の東山紀之(41)が9日、東京・渋谷のBunkamura シアターコクーンで初日を迎える音楽劇「さらば、わが愛 覇王別姫」のフォトコールに登場し、8日に結婚したジャニーズ事務所の後輩、TOKIOの山口達也(36)に祝福の言葉を寄せた。

 事前に報告を受けていたという東山は「また1人、容赦なく僕を置いていくな」と突っ込みながら「TOKIOは僕にとって一番近い弟。幸せになってもらいたい」と笑顔。昨年のV6・井ノ原快彦(31)に続く後輩のゴールインに「どんどん追い越してもらいたい」と勧めつつ、自らの予定については「考えたことないです。厄年が過ぎてからね。あと1年かな」とはぐらかしていた。

山口達也は 「私、山口達也は結婚いたしました」。と、ライブ中盤のトークでのサプライズ報告。1万3000人が驚きながらも、拍手と歓声で祝福した。公演前の午前10時、夫人とともに鎌倉市役所に婚姻届を提出。「まずファンの人たちに」。94年7月12日にデビュー会見を行った場所で報告できたことに満足げな表情だ。さらに「子供が生まれます」と2つめのビックリも飛び出した。

 出会いは99年10月ごろ。友人の誘いで参加した鍋パーティーだ。テキパキと鍋の準備をこなす5歳下の女性に「若いのに凄いな」と好印象。受け答えから「中身もちゃんとしている」と感じたという。「出会ってすぐにホレたりしないタイプ」と言うが「この人は違うな」という予感があった。その後も食事やドライブなどのデートを重ねて愛をはぐくんだ。

 トップアイドルとして活躍しながらも“普通の感覚”を大切にしてきた。「それでも(世間と)ズレていく」と感じる山口にとっては、飾らない素直な性格の彼女はとても魅力的だったようだ。「体調管理もしてくれる。守ってあげたいし、守ってもらいたい。足りないところは、力になってもらいたい」と、知らぬ間に欠かせない存在になっていった。

 04年から鎌倉で同居を始めた際に「一緒に暮らそう」と申し出たのが実質的なプロポーズ。06年秋の全国ツアー終了後にジャニーズ事務所に相談し、本格的に結婚に向けて動きだした。

 挙式・披露宴は未定だが、友人や関係者による身内だけの祝宴になるもようだ。
第1子は今夏誕生予定だという。

いずれにしても、めでたいことである。私は特にファンというわけではないが、山口達也さんに一言、
『おめでとう!』と言いたい。お幸せに!
スポンサーサイト
ページトップへ


余白 Copyright © 2005 THE NEWS-時代を斬る!. all rights reserved.
需要と供給
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。