時事刻々と変化する現代社会。そこで日々起きているニュースを30代のIT業界営業マンが独自の視点で斬り込みます。
THE NEWS-時代を斬る!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
薬害肝炎問題、議員立法で一律救済を福田首相が政治決断かぁ
2007-12-23-Sun  CATEGORY: 政治
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071223-00000907-san-pol

タイミングは少し遅いようだが・・福田首相がようやく重い腰をあげた。

福田康夫首相は23日、薬害肝炎訴訟をめぐり、全員一律救済に向けた議員立法によって解決を目指す方針を表明した。官邸で記者団の取材に応じて明らかにした。
 福田首相は、「患者を全員一律で救済する議員立法を自民党との相談の結果、決めた。公明党の了解も得た」と述べた。
 一律救済は、肝炎訴訟の和解協議の中で原告団が求めていたが、国が難色を示していた。首相の決断で、難航していた肝炎問題は解決に向けて大きく展開する可能性が出てきた。

今回の決断が本当なら、個人的には一定の評価をする必要があると思うが、しかし福田さんといういう人は庶民の空気が読めない人に映る。それに比べて小泉元首相は様々な場面で、絶妙のタイミングで政治決断を下し、国民の心をつかんできた。小泉さんが勇退されるまで、支持率が50%をきらなかったのは、その表れだと思う。小泉改革で、国民の経済格差が広がったという批判が飛び交うこともあるが、少なくとも一国のリーダーとして信頼がおける存在だった。今後この問題に対しては最後まで気を抜かず、注目していきたいと思う。
スポンサーサイト
ページトップへ


余白 Copyright © 2005 THE NEWS-時代を斬る!. all rights reserved.
需要と供給
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。